イメージ画像

任意売却

今回は、「任意売却」について解説していきます。

最近では景気低迷による収入減や、病気によるリストラや失職、退職金の減少による老後のライフプランの狂い、そしてもともと無理なローン組みなどで、住宅ローンが払えない人が増加しています。彼等の多くはローンを返済したい気持はあるのですが、どうしてもできなくて路頭に迷っている、そういう人が多いのが実情です。

住宅ローンの滞納が続くと、やがてはローンを期限を決めて返済するという「期限の利益」を喪失してしまい、滞納が半年続くと住宅ローンの債権者がローンを組んだ金融機関から保証会社へと移行し、家や不動産はさらに半年から一年近くかけて競売にかけられようとします。実際に競売にかけられると債務や家の競売の情報がインターネットなどで公開されて、誰にでも明らかになり、その後の生活に支障を来す可能性があります。

これらの負担をなくすために住宅ローンの債務を整理するための手段として「任意売却」というものがあります。

任意売却を決めて専門の機関に委任することによって、債務を減らして無理のない返済計画を立ててもらい、生活立て直しのための引っ越し代を捻出してもらうなどができます。また、家や不動産の売却に関しても競売に掛けられるよりも高値の市場価格で売ることができるので、このお金を債務の返済に当てることが出来ます。また競売の場合ですと、遅延損害金と競売費用も債務者に請求されますが、任意売却を決めますとその分の費用を負担することもありません。

そして、任意売却では主に専門のコンサルタントが代理人となって、債権者や買付する人と交渉します。これは早い時期であればあるほど交渉期間が長くなるのでより債務者に優位な条件で債務整理ができます。実際に任意売却ができるのは、滞納から半年が過ぎて債権者が移行してからですが、それ以前でも相談を受けた時点でその時点の債権者である金融機関と交渉し、返済計画の見直しや借り換えをすることができます。

ちょっと住宅ローンを返済するのが苦しくなってきた…と思ったら、早い時期に任意売却専門のコンサルタントに相談するとよいでしょう。もし任意売却の必要がなく返済の計画の変更や借り換えですむ可能性もあります。任意売却の実績のある業者なら売却に関してのみならず、残務の返済方法まで含めて債権者と交渉を進めることが出来ます。

住宅ローンが払えなくなったからといって自暴自棄になるのが一番よくないことです。もし返済が厳しくなったら、任意売却も視野に入れて専門のコンサルタントに相談するとよいでしょう。

このページの先頭へ