イメージ画像

過払い金請求

今回は「過払い金請求」について解説していきます。

消費者金融で多額のお金を借りたため、返済に困っている人が年々増えています。 最悪のケースだと借金苦で自殺してしまう人もいますよね。

実は多くの返済者は、消費者金融に対して利息を払い過ぎている可能性が高いのです。

過払い金は請求すると返してもらえることをご存知でしょうか? 8年以上、消費者金融に返済し続けている人は、過払い金を請求して返してもらえるケースが多いのです。

今までの返済の流れを確認するために、まず取引履歴を入手してください。 消費者金融に連絡すれば、取引履歴を郵送してもらえるはずです。

そして、インターネットで「REGAIN」という過払い金訴状作成ソフトをダウンロードしましょう。 このソフトさえあれば、誰でも簡単に書類を作成できます。

請求書が完成したら、消費者金融に郵送してくださいね。 内容証明や配達記録があると、確実に相手に届いたことがわかるのでおすすめします。 過払い金がしっかり返金してもらえれば、それでOKです。

しかし、不誠実な対応をして来た場合は迷わず提訴してくださいね。

提訴の金額が140万円以下の場合は「簡易裁判所」で、以上のときは「地方裁判所」での裁判になります。 ほとんどのケースで裁判になると和解になり、過払い金が戻って来ています。 消費者金融からの借金でお困りの方は、過払い金請求してみることをおすすめします。

一度、過払い金請求の相談ができる弁護士に相談してみると良いでしょう。

過払い請求をしましょう!

日本中が不況にあえぐ中、借金に苦しんで生活が成り立たなくなっている方が大勢いると思われます。
いつまでたっても減らない借金。
それは高い利息を支払い続けているから・・・。

しかし、ご存知でしょうか。高すぎる利息が、法律で決められた上限を超えてキャッシング会社にとられていることがままあるのです。
そんな方にぜひおすすめしたいのが過払い請求です。

過払い請求とは何?


では、過払い請求とは、いったいなんでしょうか。

借金を整理する方法として、自己破産や任意整理などはご周知のとおりです。自己破産といえば、今ある借金をゼロにできるというイメージが浮かびますし、任意整理といえば弁護士が自分に代わって借金を減らしてくれるというイメージが浮かびますね。どちらも負債者にとっては借金帳消しのありがたい制度です。

そこで、過払い請求とはいったいどんな制度なのでしょうか。
過払い請求とは、利息を決めている利息制限法と出資法という二つの法律の矛盾点をついて、今ある借金をゼロにして、なおかつ本来であれば金融業者に対して払わなくてもよかったお金を返してもらう制度です。

しかし、誰でもこの過払い請求ができるわけではありません。
ある程度の借金と取引年数がないとお金は返ってこないのです。

では、具体的にどのくらいの借金の額と取引年数が必要かといえば、これは個々人の状況によって違ってくるため一概にはいえません。
一般に言われているのは、5年から7年以上の取引年数があれば週払い金が発生するといわれています。

自分は週払い金が発生しているのか?と疑問に思う方は引き直し計算で確認してみましょう。
週払い請求はもちろん弁護士や司法書士に依頼することもできますし、自分で行うこともできます。
きちんとした手続きを踏み、今まで払いすぎたお金をぜひ自分のもとに取り戻しましょう。

過払い請求おすすめ弁護士事務所

過払い請求額が140万円を超える案件は司法書士では取り扱えません。
その時は弁護士に頼むしかありません。

弁護士事務所 事務所名 特徴
プロフェクト法律事務所  ■過払い金回収額日本TOP3の弁護士事務所 (2009年8月29日号 週間ダイヤモンド)
 ■愛知にてCM放映
 ■全国ラジオ方法「過払い金 ナルホド法律相談」放映中
 ■過去全国紙の広告有り
 ■現在も京都地下鉄に広告掲載中。
 ■弁護士はほとんどが京大卒・四条烏丸の一等地。

このページの先頭へ